気がつけばいつの間にかアラサーにな

気がつけばいつの間にかアラサーにな

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のしごとをこなしていたある日の事、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにびっくりしてしまいました。目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか形にして見せられたように感じました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。


どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしてもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、お肌を守ってあげよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。美容の技術は大変進歩しており、今や肌のシミすらも消してしまえる時代が来たのです。

シミを消す方法にはどんなものがあるかというと市販のシミを改善するためのアイテムを使うことによって肌のシミが消えるか挑戦する方法、医療機関である美容クリニックでシミ対策の施術を受ける方法の二つの方法があります。

予算、所要時間などの都合を考慮して自分に合った選択で肌にできたシミの改善を行なうことをお薦めします。洗顔回数は1日に何回が最もよいのかご存知でしょうか。答えは1つ、朝と夜の2回です。これ以上顔を洗うのは肌をダメにしてしまう1番の原因です。

何回もしたら多い分きれいになるのではなく、最高2回までというのが美肌を目指すことへと繋がっていくのです。朝起きたときにその日の体調ってわかるものです。
肌も同じこと。


ハリやツヤがなくなってきたなと思ったら、よく眠ることのほかに、食事を変えてみるのも効果的です。

肌に良くない食べ物を摂らないように注意していると、肌が明るくなってきます。

しみやしわを目立たなくする効果も期待でいます。

難しく思う必要はありません。


特に費用をかけなくてもできるスキンケアのように考えると理解しやすいでしょう。生活に必須の食事でケアできるのですから、慣れれば大きな利益が得られると思います。最近、幅広い世代の人と会う機会が増えて思い当たったことがあります。



シワが出来る肌質、出来にくい肌質と言うのはあるようで、肌が柔らかいほどシワができにくく、もし出来ても回復しやすいということです。若いうちにツルッとしているのは当たり前。
将来のことを考えれば今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も炭酸パックを始めました。


つづけているとわかるのですが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからシワが気にならなくなってきて、びっくりしました。


皆様とスキンケアの話をしたときも、肌の柔軟性とシワの関係って「あるある」と盛り上がりました。

肌にダメージを与える乾燥。
秋冬や季節の変わり目は肌年齢が進みやすいので、注意が必要です。



目の周りの皮膚は引っ張ってもわかるとおりとても薄いので乾燥ジワが出やすいですし、アレルギーやあとピー体質の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。



そうなる前にスキンケアを見直しましょう。私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかり行なうことで肌トラブルを未然に防ぐことができるそうなので、目元にもオイルで脂質を補うようにすると、水と脂の相乗効果で潤いを維持出来るでしょう。

精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、肌と相性の良いものを使用するようにしてちょーだい。秋冬になって乾燥が過酷なため、年齢肌ケア用の化粧水にしました。

思ったとおり年齢肌に特化した商品ですし、値段もするだけあって効きめを感じます。化粧水のみで肌がもっちりとしめるので、次の乳液なども薄くのばすだけでいい感じです。翌日の肌にハリが表れて、ファンデーションも美しくのって大満足なので今後も使用します。



美顔器類には、イオン導入器や超音波美顔器、美顔ローラーなどいろいろありますが、その中でも特にイオン導入器や超音波美顔器を選ぶと効果が出ます。

スキンケアに使う化粧品は、肌のハリと弾力をアップさせる成分が配合されたものを選びましょう。具体的な内容は、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合されたものが良いと思います。


肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、洗顔および保湿です。


洗顔についての注意ポイントですが、とにかく肌をゴシゴシこすらないようにして洗顔するようにしてちょーだい。



顔にしっかりと水をつけてから、しっかり泡立った洗顔料をのせて、泡で洗顔するようしてみてちょーだい。

洗顔がついたままにならないように、ちゃんととすすぐことも大切です。
肌が荒れている時に化粧するのは、迷いますね。化粧用品の注意書きにも肌が正常でないときは使わないでちょーだいと書いてあるものです。とはいいながらも、紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)対策だけはしておくことが重要です。
ファンデーションや粉お知ろいなどを軽く付けておいた方が良いです。


そして、出来る限り紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を避けるように送るべきでしょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 必死のエイジングケア All rights reserved.